2022年 5月 16日 (月)

「仁王立ち」全裸女性写真を掲載 「ストリートビュー」また問題撮影

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   米グーグルが提供する地図サービス「ストリートビュー」に、全裸の女性が写り込んでいたことが分かった。発覚後に「ぼかし」を入れる措置がとられたが、しばらくの間はそのまま放置されていたとみられる。

   過去にもストリートビューでは、撮影された写真に問題があると指摘を受けたケースがある。今回も、全世界に裸をさらされた本人にとっては冗談ですまない事態となった。

玄関の外に出て顔を洗っていた?

写真中の女性は「ぼかし」が入れられた(ストリートビューより)
写真中の女性は「ぼかし」が入れられた(ストリートビューより)

   全裸女性の写真がストリートビューに使われているとのニュースは、米ウォールストリートジャーナル(WSJ)のブログやCBSニュースが2011年9月13日に伝えた。「犠牲」になったのは米フロリダ州マイアミに住む女性で、複数のブログが9月9日に問題の写真を掲載している。修正が入っているものの、開け放した玄関の外で、右手に大型のペットボトル状のものを持ち、左手で顔を拭うようなしぐさをしているその女性は、一糸まとわぬ姿で「仁王立ち」だ。家の外に出て水で顔を洗っていたときに運悪くストリートビューの撮影車が通りかかり、撮られてしまったのかもしれない。

   翌10日になってストリートビューでは、この女性の全身に強いぼかしを入れ、その人と判別できないような処置を施した。だが、最初に写真について報じたブログでは、この場所の住所を明記したため、周辺の住人にはこの女性が誰なのかがはっきり分かるようになってしまっていた。

   これまでもストリートビューは「お騒がせ写真」をいくつも掲載していた。WSJによると、2010年にはブラジルの路上に横たわる死体とみられる写真が使用され、別の場所では麻薬取引のようなシーンもあったという。プライバシーにかかわるような写真もたびたび報告された。今回の「全裸写真」も、故意に撮影したものではなさそうだが、グーグル側で事前に掲載を差し止めるようなチェック体制が機能しなかったのか、疑問が残る。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中