外国人の日本国債保有、6月末は最高水準に

印刷

   外国人投資家が保有する日本国債の残高が2011年6月末時点で前年同月比28%増の67兆円弱となり、これまでの最高水準に達した。日本銀行の資金循環統計(速報)によると、期間1年以下の国庫短期証券(短期国債)を含めた日本国債の残高は6月末で901兆円。このうち外国人投資家の保有額は66兆8600億円となった。

   欧州の財政不安などを背景に、安全資産として日本国債に資金が流れ込んでいる。短期国債を中心とした日本国債の残高は7月以降も増えており、外国人投資家の存在感は増している。

   なお、これまでの外国人保有残高のピークは08年9月末の67兆700億円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中