2019年 12月 15日 (日)

どうした技術のホンダ 北米シェア急低下、中国や日本で苦戦…

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   もし創業者の本田宗一郎が生きていたなら、今のホンダの低迷に歯がみしたことだろう。利益の多くを占める北米市場でのシェア低下、中国でも苦戦、国内でも東日本大震災からの復旧の遅れが目立つなど、まったく精彩を欠いている。

   米調査会社のオートデータによると、2011年9月の米新車販売台数でホンダは8.0%減の8万9532台。5か月連続で前年同月を下回った。

北米では日産に抜かれて第6位に

ホンダに何があったのか(写真は、ホンダのホームページ)
ホンダに何があったのか(写真は、ホンダのホームページ)

   自動車の北米市場は9月、日産自動車が躍進。前年同月に比べて25.3%増の9万2964台と大きく伸ばし、ホンダに代わって5位に順位を上げた。

   この春にフルモデルチェンジしたばかりの売れ筋の「シビック」は、8月の米消費者団体専門誌「コンシューマー・レポート」の製品評価で、小型セダン部門12車種中11位という最低水準に位置づけられ、消費者の推奨リストから外された。それもあってか、9月は26.4%減の1万3724台にとどまり、「アコード」も13.0%減の1万8639台と振るわなかった。

   新型シビックの低迷について、ホンダは「評判がよくないのは聞いています。期待していたモデルでしたが、競合他社に比べてデザイン面や性能の部分でお客様から進化が十分でないと受け止められてしまった。お客様の声を真摯に受けとめ、改善すべきところは改善していきたいと考えている」と話す。

   ホンダは中国でも苦戦している。BNPパリバ証券の自動車セクターアナリスト杉本浩一氏は、「これまでは中型車が好調だったが、現状は『フィット』よりもさらにダウンサイジングが進んでいるというのに対応できていない」という。

   杉本氏は現地ニーズをとらえきれないことが原因とみており、「競争が激化していることでニーズも細かくなっているときに、研究開発体制がそれについていけなくなっている」と指摘する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中