2019年 8月 20日 (火)

ショップ店員がビビる大木をツイッターで中傷 「フォロワーを増やしたかったから投稿した」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   東京・代官山のショップ店員がツイッターにタレントのビビる大木さんを中傷する内容を投稿し、ショップが謝罪文を掲載するという事件が起きた。店員とは現在連絡が取れないといい、店舗側も困惑している。

   2011年12月17日、とある男性ツイッターユーザーによって「閉店2分前にビビる大木が来やがってちんたら見た挙句、なんも買わず帰り無駄な残業だった。芸能人振りやがってマジ腹立たしい」という呟きが投稿された。

「どういうつもりですか?客に対して実名を出して悪口を言うとは」

大木さんも困惑。
大木さんも困惑。

   これに対して大木さんがツイッターで「普通に見たつもりです。どういうつもりですか?客に対して実名を出して悪口を言うとは」と反応。代官山にある具体的な店名を出して応酬した。

   その後、店員のツイッターは炎上状態となり、アカウントごと削除してまった。ツイッターからリンクの貼られていたSNSのページも消えてしまっている。

   買い物しようとして店員に中傷されたら怒るのも無理もない。しかし、大木さんの元には「わざわざお店の名前をださなくてもいいのではないですか?」といった呟きも少数ながら寄せられた。こうした意見に対し、大木さんは

「お騒がせしております。励まし、慰めのコメントから、大木が悪いという意見まで沢山いただきました。好きで行ったお店です。悲しい。それだけです。皆様、お騒がせしてごめんなさい」

と投稿している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中