2019年 12月 11日 (水)

「代金請求」画面がどうしても消せない アダルトサイトで新手のウイルス感染

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ワンクリック詐欺が問題化するなか、ウェブサイトの閲覧者にコンピューターウイルスをダウンロードさせたとして、京都、和歌山、埼玉の3府県警は2012年1月18日、ネット広告会社社長(33)ら6人を不正指令電磁的記録供用容疑で逮捕した。

   このウイルスは、アダルトサイトの料金を請求する表示がPCの画面に張り付いて取れなくなるというやっかいなもので、1年ほど前に急増。国民生活センターや情報処理推進機構(IPA)が注意を呼びかけていた。

再起動しても画面が消えず、お金支払う

   警察の発表によると、逮捕された6人は、自らが運営するアダルトサイトに「動画再生」のボタンを表示させ、ボタンをクリックした利用者にファイルをダウンロードするように促した。2011年10月5日午後、山梨県内の自営業の男性(68)がこのファイルをダウンロードし、男性のPCにウイルスを感染させた疑いが持たれている。このウイルスに感染すると、サイトの料金を支払うように求める画面がPCに表示され、再起動しても画面が消えない状態に。男性は画面に表示されたとおり、6万9000円を支払ってしまったという。この男性以外にも、少なくとも被害者は数百人、被害額は1200万円にのぼるとみられる。

   このウイルスの存在がクローズアップされるようになったのは、1年ほど前のことだ。国民生活センターによると、「アダルトサイトの請求画面がパソコン画面に張り付いて取れない!」という相談が急増。届け出件数が09年度には9300件だったのに対して、10年度には約3倍の2万7000件以上に達している。11年度は、さらに増えることが確実だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中