中国書記官がスパイ活動? 読売報じる

印刷

   在日中国大使館の1等書記官(45)が外国人登録証明書を不正に入手していた疑いがあるとして、警視庁公安部が出頭要請していたことが明らかになった。読売新聞が2012年5月29日報じた。1等書記官は、ウィーン条約で禁じられた商業活動を行ったり、スパイ活動を行っていた疑いが持たれている。出頭要請を拒否して、すでに帰国しているという。藤村修官房長官は同日午前の記者会見で「個別の捜査の案件」だとしてコメントを避けた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中