キムタクが「本当に嫌いだった」共演俳優 「いちいちイラつく。馬鹿じゃねーの」

印刷

   SMAPの木村拓哉さん(39)が、テレビ番組の中で「本当に嫌いだった共演俳優」の名前を明かした。20年ほど前の話だったが、相手が大物俳優だったために話題を呼んでいる。

   2012年7月9日放送されたバラエティ「SMAP×SMAP」(フジテレビ)で、出演者に「撮影期間中、ライバル役の俳優さんを本当に嫌いになったことがある?」というアンケートをとった。

「アイドルの芝居はどうか分かんないですけど」

   木村さんは、これに「YES」と回答。そのときのことを振り返り「本当に撮影中一言も口を聞かなかった」と話す。

   その俳優とは最初からそりが合わなかったらしく、撮影前の段階で「俺らは役者としての芝居やるんで、とりあえずアイドルの芝居はどうか分かんないですけど」と言ってきた。この言葉でもう不愉快になったという。

   そして、スタジオで共演者から「誰?誰?」と聞かれると、「萩原聖人」と名前を明かす。木村さんと萩原さん(40)は1994年のドラマ「若者のすべて」(フジテレビ)で共演。当時注目されていた若手の俳優が多数出演して話題になったドラマで、2人のほかに武田真治さん(39)や、深津絵里さん(39)、鈴木杏樹さん(42)らも出ていた。

   木村さんは当時、萩原さんのことがとにかく嫌いだったようで、萩原さんが「ちょっと監督話あるんだけど」と撮影を中断しただけでも「いちいちイラつく。なに現場止めてんだコノヤローって」。萩原さんが、現場で大好きな麻雀の雑誌を読んでいるのを見ても「馬鹿じゃねーの」と思っていたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中