「大阪都構想法」、参院本会議で成立

印刷

   橋下徹大阪市長が掲げる「大阪都構想」の実現を後押しする「大都市地域特別区設置法」が2012年8月29日の参議院本会議で賛成多数で可決され、成立した。

   政令指定都市と隣接する市町村の総人口が200万人以上の大都市圏で、市町村を廃止して東京23区のような「特別区」を設置することができる。札幌、さいたま、千葉、横浜、川崎、名古屋、京都、大阪、堺、神戸の8地域、10政令指定都市が対象となる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中