2022年 11月 30日 (水)

安倍新総裁「高級カレー」を朝日が取り上げる では自社内レストランのカツカレーランチの値段は

角型のメタルベゼルを採用した"PRO TREK"

   自民党の安倍晋三新総裁が、総裁選投票日当日に食べたという「3500円のカツカレー」をめぐる話題が今も絶えない。テレビの情報番組に続いて、朝日新聞でも取り上げられた。

   記事では、安倍新総裁が食べたカレーを「高級カレー」と評している。だがその朝日新聞社の中には、この値段を上回るカレーを出すレストランが営業中で、「高級カレー騒動」は終わりそうにない。

谷崎潤一郎の「細雪」に登場するレストラン

カレーは「庶民の食べ物」ではなかった?
カレーは「庶民の食べ物」ではなかった?

   「カツカレーがにわかに脚光を浴びている」と伝えたのは、朝日新聞2012年9月29日朝刊の記事だ。安倍新総裁が、9月26日の自民総裁選での決起集会で「数千円はするというカツカレーを食べたことが報じられた」と言及。記者がその中身を確かめようと、総裁選が行われたホテルで料金を調べた。実際は「特注カレー」だったため正確な金額は分からなかったが、ホテル内にあるコーヒーショップに3200円や2900円のカツカレーがある点に触れている。

   「高額なカレー」を食べた安倍新総裁を批判するような内容ではない。だが記事中には「安倍さんのは高級メニュー」「話題の高級カレー」といった記述は登場する。これに対してインターネット上では、当の朝日新聞が入居する建物の中に、3500円どころか6000円を超えるカレーを出す店があるではないか、との指摘が書き込まれたのだ。

   これは「アラスカ」というフランス料理のレストラン。1928年に大阪で開店し、今年で創業84年を数える老舗だ。公式ウェブサイトによると、長い歴史のなかで同店の常連になった著名人は少なくない。阪急電鉄の創業者である小林一三をはじめ、歌舞伎役者の6代目尾上菊五郎、慶應義塾大学塾長を務めた経済学者、小泉信三と各界にファンが多かったようだ。

   作家の谷崎潤一郎の小説「細雪」の中には、「ちゃうど時分時なので、アラスカへ誘ふ気なのだと察した貞之助…」と、店名が登場するくだりがある。

   アラスカの大阪本店は現在、朝日新聞大阪本社のビルに入居している。サイトにあるランチメニューを見ると、ビーフカツカレーが選べるコースは6300円だ。オードブルやサラダ、アイスクリーム、コーヒーがつくが、昼食としてはかなり高額に思える。カツの入らない「カレーライスコース」でも3150円となっている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中