米下院、中国通信大手2社を「安全保障上の脅威」

印刷

   米下院情報特別委員会は現地時間2012年10月8日に公表した報告書の中で、中国通信大手の華為技術(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)の2社について、米企業に取引を自粛するように求めた。

   米国の安全保障を脅かす恐れがあるというのが理由。委員会は、2011年11月から実施してきた調査で両社の通信機器に不審な点が見つかったが、両社は十分な情報提供をしてこなかったとしている。

   ファーウェイとZTEは、この報告内容に反発する声明を出した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中