2020年 11月 24日 (火)

mixiの「巻き返し」はあるのか 「足あとリアルタイム表示」機能復活

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)のmixi(ミクシィ)が、リアルタイムの「足あと機能」を2013年1月までに復活させる。署名運動などで訴え続けてきた要望が1年越しに叶ったかたちで、ユーザーからは喜びの声があがった。一方、利用者数の低迷する同サービスで「何をいまさら」と冷ややかな見方もある。

「mixiの大きな変化に対する戸惑いやお叱りの言葉」を受けて復活

   笠原健治社長が2012年10月9日に発表したところよると、mixiは「ユーザーファースト」を最重要キーワードにかかげ、今後の取り組みとして、訪問者(足あと)サービスにおける「リアルタイム表示」機能の提供や「機能要望」とユーザーの声の重視を打ち出した。「足あと機能」は2013年1月までに試験的に提供し、ユーザーの要望・意見を聞きながら、旧来の機能の一部や新機能を段階的に取り入れていく。

   この措置は「足あと」の廃止をはじめとする、2011年度から2012年度にかけての「mixiの大きな変化に対する戸惑いやお叱りの言葉」を受けてのことだとし、いわば「反省の弁」が述べられたものといえる。

   「足あと」は、自身のページをいつ誰が訪問したかをリアルタイムで把握するとともに、友人にはページを訪問したというフィードバックを残せるほか、新たに友人を見つけてつながることもできる機能だった。ただ、「足あとが付くのが気になって他人の日記を見に行きづらい」という人も多く、「ユーザー同士の交流の妨げに成っている」と判断されて、2011年6月に廃止された。代わって、過去1週間に訪れた人をまとめて表示する「先週の訪問者」機能が追加された。

   しかし、ユーザーの間でリアルタイムでの足あと表示を希望する声は強く、2011年8月には1万7000人分の「反対署名」がミクシィ本社に届けられた。また、ユーザーが運営への要望を書き込む「機能要望」ページで「足あとのリアルタイム履歴表示を残してください」とする声への反応は、反対が1287人に対し、賛成は実に8万4664人にものぼる(2012年10月10日現在)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中