2018年 7月 20日 (金)

「記者クラブ以外は出していない」 J-CASTには角田被告の写真提供されず

印刷

   兵庫県尼崎市の連続変死事件で兵庫県警は2012年11月7日、中心的役割を果たしたともされる角田美代子被告(64)の顔写真を報道機関に提供した。報道によると、別の人との写真取り違え騒ぎがあったことから、県警は、「間違って報じられた方の名誉回復にもなると考えた」と顔写真提供の理由を述べている。また、「新たな被害申告や情報提供につながる可能性がある。今回は例外的ケース」とその意義を強調している。

   J-CASTニュースには提供されなかった。記者クラブに加盟していないからかと県民広報課にただしたところ、「そうです」との答えだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中