2018年 7月 21日 (土)

台湾の銀行大手、東京スター銀行と買収交渉 海外勢で初

印刷

   台湾大手の中国信託商業銀行が、東京に本店を置く地方銀行の東京スター銀行の買収に向け株主と交渉を進めていることがわかった、と2012年12月30日付の日本経済新聞が報じた。東京スター銀行の株主である米投資ファンドのローンスターや新生銀行などから、ほぼすべての株式を約500億円で買い取る。

   これまで米リップルウッドやサーベラス、ローンスターなど投資ファンドが邦銀を買収した例はあるが、実現すれば、外銀が邦銀を買収する初のケースになる。

   中国信託は台湾・台北に本社を構える大手銀行で、香港やインド、ベトナムなどアジアを中心に拠点を有する。東京スター銀行を買収し、日本での取引を拡大して国際業務の収益を高める計画。

   東京スター銀行は1999年に経営破たんした東京相和銀行が前身。東京のほか、大阪、名古屋、福岡に支店をもつ。現在は、米ローンスターや新生銀行などが組成した特別目的会社「シャイニング・スター合同会社」と「アライド・ホールディングス合同会社」が株式を取得。ローンスターが実質的な筆頭株主になっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中