靖国神社放火の中国人容疑者引渡し拒否 安倍首相「強く抗議したい」

印刷

   韓国ソウル高裁は2013年1月3日、東京の靖国神社に放火した中国人の劉強容疑者を政治犯と認定し、日本への身柄引渡しを拒否する判決を下した。

   安倍晋三首相は4日、三重県伊勢市での記者会見で、韓国が韓日間の犯罪人引渡条約を事実上無視したとして、「極めて遺憾であり、強く抗議したい」と表明した。

   また、外務省の河相周夫事務次官は4日、申ガク秀(シン・ガクス)駐日韓国大使に電話で抗議した。

   劉強容疑者は2011年12月に靖国神社の門の一部に放火した疑いがある。2012年1月に韓国ソウルの日本大使館に火炎びんを投げつけた罪で韓国の刑務所に服役していた。そのため、日本政府は韓国に対し、身柄の引き渡しを要請していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中