2021年 7月 26日 (月)

大島優子に「児童ポルノの過去」と文春報道 そんなにヤバいDVDなのか

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   河西智美さんの「手ブラ写真集」問題で揺れているAKB48だが、大島優子さんにも「児童ポルノの過去があった」と週刊文春が報じている。

   大島さんがジュニアアイドル時代に出演したDVDについての報道で、ファンの間では周知の事実だったが、法に抵触するほどの過激な内容なら今後の活動に影響しかねない。いったいどんなDVDだったのか。

「ブルマの股にロープをはさんで…」「胸の谷間をやたらと強調」

   2013年1月24日号の週刊文春に、「衝撃写真発掘!AKB大島優子 封印された『児童ポルノ』の過去」という記事が掲載された。

   河西さんのバストが白人少年の手で隠されている「手ブラ写真」が児童ポルノに該当するのでは、と指摘する文章で始まり、「AKBと"児童ポルノ"の浅からぬ関係は、今に始まった話ではない」と、大島さんがかつて「ジュニアアイドル(低年齢アイドルの俗称)」としても活動していたと記している。

   大島さんは1996年から子役として芸能活動を始めているが、ジュニアアイドルとしても2001年、12歳の時に「Growing up!」、03年、14歳の時には「adolescence」というイメージDVDをリリースしている。記事ではこの2本について、「ビキニ姿で海岸の貝殻を拾うシーンでは、前屈みになったところをローアングルのカメラがなめるように胸元を狙う。体操服とブルマに着替えてからは、ロープを股にはさんで無邪気に笑っている(Growing up!)」「14歳になった大島は、丸みのある体つきになっており、ビキニ姿の胸の谷間がやたらと強調されている(adolescence)」と紹介、「二本とも性的な意味で視聴者を興奮させようという制作サイドの意図が有り有りと伝わってくる」と指摘した。

   これを知った今の大島さんのファンは驚いているに違いない、と思いきや、2ちゃんねるには「誰でも知ってる」「どうでもいい」などの書き込みが目立つ。

   確かに大島さんのジュニアアイドルの経歴は隠されているものではない。本人が積極的に語るほどではないが、Wikipediaに出演作として表記されているほか、Amazonでも高値だが購入でき、インターネットを使えば誰でも知ることができる。また、女優の戸田恵梨香さんや宮崎あおいさんらも、10代前半の頃に水着姿をおさめた写真集を出したことがあり、取り立てて騒ぐほどのことでもないというわけだ。

   週刊文春は1月17日号でも「"パパ"とのデート」という見出しで、大島さんがただ実父と食事したことを、いかにも思わせぶりな記事にしており、ファンは「2週連続でくだらない記事を…」というあきれた気持ちのようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中