2019年 9月 23日 (月)

「働くのは金儲けではなく人間性を高めるため」 渡邉美樹氏の「信念」にネットで皮肉相次ぐ

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「人間が働くのは、お金を儲けるためではなく人間性を高めるためである」――ワタミグループの渡邉美樹会長がこんな「信念」を披露してネットで話題になっている。

   よくある経営哲学のような印象も受けるが、ワタミは「ブラック企業大賞2012」のウェブ投票で1位に輝いた企業。ネットでは「安月給でこき使われても自殺に追い込まれても文句言ってはいけません」などと皮肉に受け取る人が多く出た。

コツコツと地道な仕事をする大切さを説く

   渡邉氏の発言は2013年1月21日付のプレジデントオンラインに掲載された。「ハッスルする人は、出世できないのか」と題し、口先だけ威勢の良い人を「うわついている」とたしなめ、コツコツと地道な仕事をする大切さを説いた。それによると、渡邉氏には

「人間が働くのは、お金を儲けるためではなく人間性を高めるためである」

との信念があり、ワタミグループは「額に汗しないで稼ぐお金はお金ではない」と定めているそうだ。そして、「コツコツ仕事を続けていると、必ず人間性は高まります」と強調した。

   これに対し、「ようは給料は払わないけど死ぬほど働けって事」「だから安月給でこき使われても自殺に追い込まれても文句言ってはいけません 」「ワタミの会長は今までまったく働いていなかったことになるのでは」「人間性が高くなりすぎると死ぬわけか」「これが日本の土着宗教『労道』ってやつやね。生きるために働くのではなく、働くために生きろってか。ありがたくて涙の出るお言葉やで」と皮肉めいた感想が2ちゃんねるやツイッターに大量に寄せられた。

   また、ラジオパーソナリティの伊集院光さんは21日深夜放送のラジオ番組「深夜の馬鹿力」(TBSラジオ)で、「じゃあ店の売り上げがゼロでも店員の人間性が高まれば文句はないんだよね」と疑問を呈した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中