2021年 12月 8日 (水)

豆電球を点けて寝る人は「デブになる」? 光と体のメカニズムを奈良県立医大が解明

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   就寝するときに部屋が真っ暗だと眠れない、などとして蛍光灯の豆電球を点ける人もいるが、その豆電球の明かりが肥満につながる可能性がある。そんな調査結果を2013年1月に奈良県立医大の研究者が発表した。

   光が体の生体リズムに影響を及ぼすためで、食欲が強くなったり、体に好影響を与えるホルモンのメラトニンが出なくなったりして、中性脂肪が高くなる「脂質異常症」を引き起こす可能性もあるのだという。肥満には体質や食生活などさまざまな原因があるとされているが、睡眠時の生活習慣も関心を呼ぶことになりそうだ。

アメリカの有名科学誌でも調査結果が紹介された

   この研究をした奈良県立医科大学地域健康医学講座の特任助教・大林賢史さんによれば、夜に光を浴びせることによって体重が増えることは動物実験で明らかにされていたが、人間を使って調査をしたのは今回が初めて。大林さんたち研究グループの成果はアメリカの有名な科学誌の電子版「The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism」と、米国内分泌学会の機関誌「Endocrine News」の13年1月号でも紹介された。

   今回の調査は10年9月から12年4月まで、奈良県内の高齢者528人を対象に実施され、ほぼ真っ暗な照度3ルクス未満の部屋で寝ている人と、9ルクスという豆電球を点けた程度の明るさで寝ている人を比べたところ、肥満症や脂質異常症の割合が9ルクスが3ルクスの1.9倍にもなったという。

   なぜ豆電球ほどの光で「肥満」になる可能性があるのか。大林さんによれば、光は体の生体リズムに強く影響を及ぼすことが分かっていて、就寝中に部屋が明るければ熟睡が妨げられ寝不足になり、食欲を促すホルモンが分泌される。そしてメラトニンと呼ばれるホルモンが関わってくるのだという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中