「照射非公表は事実でない」と野田前首相 日経「関係者に確認」と反論

印刷

   中国海軍のレーダー照射問題について、民主党の野田佳彦前首相は2013年2月7日、民主党政権時代にもあり、公表を避けたとする日経の報道を否定するコメントを出した。

   そこでは、「報告を受けた事実はなく、防衛省もそのような事実はなかったことを認めている」として、「記事は事実無根であり、極めて遺憾だ」としている。また、当時副総理の岡田克也氏も事実無根として、抗議文を送ったことを明らかにした。

   これに対し、日経側は、マスコミ取材に対し「複数の関係者に確認した上で、適切に報じている」とコメントしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中