ロシアで隕石落下か 100人以上けが

印刷

   ロシア中部のウラル地方で2013年2月15日9時過ぎ(現地時間)、隕石と見られる物体が落下して大気圏内で爆発した。

   NHKの報道などによると、落下の際の衝撃波で広範囲にわたって建物の窓ガラスが割れ、100人以上がけがをしたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中