2018年 7月 23日 (月)

胃がんの「原因」ピロリ菌、胃炎での治療にも保険適用

印刷

   胃がんや胃潰瘍を引き起こす原因の1つであるとされるヘリコバクター・ピロリ菌について、厚生労働省は2013年2月21日、胃炎の際の除菌治療を保険適用として認めた。

   これまでは胃潰瘍などの重い病気でしか保険が適用されていなかったが、今回製薬会社12社の薬が、保険の対象として慢性胃炎を加えることを認められた。早期治療を促すことで、胃がんなどの予防を進める狙いがあるとされる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中