2020年 7月 9日 (木)

中野美奈子アナの「最悪」アカデミー賞取材 米国では「誰だコイツ?」「ぶち壊しだよ!」

印刷
公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

国内では「英語が下手だ」と批判

   そんな騒動があった一方で、中継を見ていた国内の視聴者からは中野アナの英語力に対する苦言もあった。

   中野アナは学生時代、米サンフランシスコに単身留学した経験もあり、また近く夫ともにシンガポールに移住する予定だと公言している。それだけに、今回も通訳を付けずにみずから「BOSS」のCMでもおなじみのトミー・リー・ジョーンズさんを始めとしたハリウッドスターたちに質問を飛ばしていたのだが、ツイッターでは、

「WOWOWのレッドカーペット中継、中野美奈子の英語がなかなか通じなくて困りもの。来年はインタビュアー変えてほしい」
「中野美奈子の英語が殆どの俳優陣に聞き取ってもらえず終いに『素敵なドレスですね』と『日本にメッセージを』しか言わなくなった。これは酷い!」

との指摘もあった。またスティーブン・スピルバーグ監督を見つけて、

「スティーブン! スティーブン! ジャパニーズ……」

と叫ぶも素通りされるなど、現場の慌しさもあり、ほろ苦いアカデミー賞取材となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中