2018年 7月 19日 (木)

セクハラ学長解職の上智短大 公式サイト「大異変」に失笑

印刷

   上智大学短期大学部のウェブサイトが、突然「ハリボテ」同然の状態になり、人々の失笑を買っている。

   同短大部では女子学生へのセクハラを理由に2013年3月27日、高野敏樹前学長(62)が解職されている。このハリボテ化には問題を目立たなせないようにする「逆SEO対策では」との指摘もある。

リンクをクリックしても、一向に表示されない

画像1枚の状態になってしまった上智大学短期大学部ウェブサイト
画像1枚の状態になってしまった上智大学短期大学部ウェブサイト

   上智大学短期大学部は、神奈川県秦野市にあるキリスト教系の短期大学だ。高野前学長は前任者の死去を受け、2012年7月以来学長を務めてきた。しかし3月29日、高野前学長が女子学生に対し、1か月あまりの間に携帯メール60通を送りつけるなどのセクシャルハラスメントを行っていたことが発覚したとして、運営法人である上智学院(東京・千代田区)が解職を発表した。

   この発表は同短期大学部のウェブサイトにも掲載されたのだが、話題を呼んだのはそのやり方だ。

   4月1日現在、同短期大学部のウェブサイトは、トップページに解職のお知らせが掲載されているほかは、一見普段と変わらない。ところが、「上智大学短期大学部について」「学びに関する情報」「入試情報」といったリンクをクリックしても、一向に表示されない。検索用の入力フォームや、外部ページのバナーも同じ状況だ。なぜか、学内用と思われるウェブメールページへのリンクのみはつながる。

   いったいどうなっているのか。HTMLのソースを確認すると、実はこのサイトは単なる「ハリボテ」。ウェブページを模した1枚の画像を表示させているだけの状態なのだ。これではリンクがつながるわけもない。

   この異様な状態に、ネット上ではさまざまな憶測が飛び交った。特にお詫び文が画像形式となっていることには、「コピー&ペーストで内容が『拡散』することを防ぐためでは」「ウェブ検索に引っかからないようにするためでは」とのうがった見方も飛び出した。もっともそれだけでは、サイト全体が画像化された理由が説明できない。また、系列校の上智大学サイトでは同様の内容がテキスト形式で公開されているため、やや説得力不足の感もある。

「学長あいさつなどの更新間に合わず、やむを得なかった」

   J-CASTニュースの取材に対し、上智学院の担当者は釈明に懸命だった。

   担当者によれば年度の変わり目ということもあり、サイト内には「学長あいさつ」を始め、急な学長交代に伴い差し替えなければならないコンテンツが多数存在していた。ところがサイトの管理は外部委託であり、また構造上の問題もあって、修正には時間がかかることが見込まれた。

   そこで思いついた窮余の策が、サイトの「ハリボテ」化だ。いったんサイト内部へのアクセスをすべてシャットアウトし、中身を差し替え終えてから再公開する、というのが同短期大学部のプランだった。

   とはいえやや強引なこの策のせいで、かえって「情報隠蔽だ」などとの批判を受ける結果に。評判は担当者の耳にも届いているとのことで、「そういう意図ではなかったが……」と肩を落としていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中