2021年 6月 24日 (木)

「大切な芯失って、面白味ないアルバム」 ももクロの新作、音楽プロデューサーが批判?

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「ヒャダイン」という名義でも知られる音楽プロデューサーの前山田健一さん(32)が、アイドルグループ「ももいろクローバーZ(ももクロ)」の新作アルバムを批判したのでは、と話題になっている。

   前山田さんはこれまで度々ももクロに楽曲提供しており、今回のアルバムにも自身が携わった曲が収録されている。それだけに、ファンの間では問題視されているのだ。

「サウンド小難しくしただけ。売れるんでしょうけど・・」

   前山田さんは2013年4月7日夜、唐突にこんなツイートを投稿した。

「自分もひと通り聴いたのですが、全く同じ感想です。『進化』てことでサウンドもただ小難しくしただけで、大切な芯を失ったアルバムだと思いました。面白味がない、というか・・。まあ、売れるんでしょうけど・・。」

   このツイートは5分と経たずに削除された。誰かにあてたメッセージを誤って公開してしまったようにも見える。前山田さんは約18万人のフォロワーを抱えている。削除される前に目にした人がツイートを引用する形で拡散、スクリーンショットの画像を2ちゃんねるに貼られる、という事態になってしまった。

   13年4月10日発売のももクロのアルバム「5TH DIMENSION」は、テーマが「進化の先にある"5次元"の世界」ということで、多くの人がこのアルバムについての批判ではないかと思ったようだ。

   前山田さんあてに「一般の僕らまだ聞いていない人間ばかりですし、このツイート知ったら彼女達が悲しむのでは?」「もし ももクロちゃんの今回のアルバム の事でしたら 気もちはなんとなくわかりますが 今の発言はいささかどうかと……」「自分の思い通りにならないからってやることおかしくないですか?ももクロの事を本当に思った行動だとは思わないんですけど」などの意見が寄せられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中