2020年 10月 21日 (水)

「在日2世3世に『日本人化』教育」 民主・長島議員がツイッター発言を謝罪

ホットでもアイスでも美味しい。季節にあわせて楽しめる、大正製薬の乳酸菌が入ったごぼう茶。

   民主党の長島昭久前防衛副大臣が2013年5月2日、社会保障政策についてツイートする中で「在日外国人2世3世に対する『日本人化』教育」という表現があった。

   長島氏本人が何を意図していたか明らかではなかったが、戦前に進められた「皇民化教育」を連想させるとして批判が相次ぎ、後に「誠に不適切な表現」と謝罪した。

JALの機内無線LANサービスにはしゃぐ

長島氏のツイート。「『日本人化教育』というのは、誠に不適切な表現でした」と陳謝した
長島氏のツイート。「『日本人化教育』というのは、誠に不適切な表現でした」と陳謝した

   長島氏は民主党の前原誠司元代表、自民党の塩崎恭久政調会長代理、小泉進次郎青年局局長らとともに2013年5月1日から6日の日程で英国を訪問している。経済展望や安全保障のあり方について議論する「日英21世紀委員会」に出席するのが目的だ。

   問題の発言は、ロンドンに向かう途中でツイートされた。日本航空(JAL)は成田-ロンドン線などで機内無線LAN(Wifi)サービスを提供しており、これを利用したようだ。5月1日午後のツイートでは、

「空の上から初ツイート。只今シベリア上空です。出発前の控え室では、前原、塩崎、小泉代議士と今後の我が国の社会保障制度の在り方で盛り上がりました」

と、ややはしゃいだ様子だ。そして、

「今後の課題は、子育て支援と在宅での看取り、そして在日外国人2世3世に対する『日本人化』教育の仕組みづくりが鍵を握っているという点で合意」

と続けた。

   この「日本人化」という単語が、日本語標準語の使用や国家神道崇拝の強制を通じて、地域の伝統文化を破壊したとして悪名高い「皇民化教育」を連想させるとして、

「即座に『創氏改名』の愚を思い出させられた」
「これはまさに、21世紀版の『同化政策』」

といった批判が次々に寄せられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中