2018年 8月 20日 (月)

怪しい「地震雲」に踊らされる人たち 科学的根拠ゼロ、「予知」も大ハズレ

印刷

   「地震雲」なるものをご存じだろうか。大地震の前兆として発生する「とされる」雲のことで、週刊誌などにこれを元にした予知が掲載されることも少なくない。

   しかし、この地震雲なるものどうにも怪しい。予知が当たっていれば説得力もあるが、確認してみるとその肝心の「的中率」も、いささか微妙な線だ。

ツイッターで名古屋発「地震雲」パニック

地震雲とされる雲のうち「竜巻型」と呼ばれるタイプのもの(写真中央)。雲の真下が震源地になるとされている
地震雲とされる雲のうち「竜巻型」と呼ばれるタイプのもの(写真中央)。雲の真下が震源地になるとされている
「【大至急回してください】現在、名古屋の上空に地震雲が発生しています。気象庁によるとこの1週間は警戒が必要とのことです。大至急回して1人でも多くに知らせましょう」

   2013年5月20日、ツイッターでこんな投稿が相次ぎ出回った。

   この日、名古屋を始めとする東海地方では、空全体に細長い帯状の雲が、並行に連なる光景が見られた。これは地震雲支持者の間では「肋骨状形地震雲」と称され、発生後短期間で地震が発生する「危険な」雲なのだといい、ツイッターなどでは若年層を中心に怯える声が立て続けに上がった。

   しかし、6月6日現在、愛知県では20日以降震度1以上の地震は1度も起こっていない。「予知」は、空振りに終わったと言っていいだろう。

   そもそも、「地震雲」とは何なのか。似たような概念は古くからあるが、現在言われているのは戦後、鍵田忠三郎氏(1922~94)が自身の経験則をまとめたものがベースとなっている。一口に地震雲といってもその形状はさまざまで、上記のような肋骨状を始め、いわゆる「飛行機雲」様のもの、棒状のもの、入道雲の変形のようなものまで、いくつものバリエーションがある。逆に言うと、ちょっと変わった形の雲なら「地震雲」になってしまうようだ。

   地震雲説の支持者は、多くの大地震の予知に成功したと主張している。もっとも「地震が雲の形と連動する」という主張には科学的な裏づけはなく、気象庁や日本地震学会なども、「研究者の間では一般に、雲と地震との関係はないと考えられています」(学会Q&Aページより)とそろって否定的な見解を示している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中