2022年 12月 3日 (土)

金正恩がヒトラー自伝「わが闘争」配る? 韓国報道に、「でっち上げ」と北朝鮮が激怒

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   北朝鮮の金正恩第1書記が、自らの誕生日に、政府高官に対してアドルフ・ヒトラーの自伝的図書「わが闘争」を配り、研究するように命じたという韓国メディアの報道に、北朝鮮が激怒している。

   だが、名指しで「人間のくず」とまで非難された韓国メディア側は、「(記事の)詳細の、どの部分も否定していない」と、内容には自信を持っているようだ。

脱北者らが運営する韓国のニュースサイトが伝える

   この異例の「贈り物」のニュースは、脱北者らが運営する韓国のニュースサイト「ニュー・フォーカス・インターナショナル」が、中国で勤務する北朝鮮高官の話として2013年6月17日に報じた。

   金正恩第1書記は、1月8日の自らの誕生日に「わが闘争」の翻訳版を政府高官に配り、自ら講義まで行ったという。その中では、核と経済発展の「並進路線」を強調。ヒトラーのことを、第1次世界大戦で敗北したドイツを短期間で再建したとして評価したという。その上で、ヒトラーが政権を担った第3帝国を深く研究し、得られたことを北朝鮮にも応用するように求めた。また、ドイツの結束と思想的成功の背景にはスポーツがあるとも強調したという。ヒトラーが1936年のベルリン五輪をプロパガンダに活用したことを念頭に置いている可能性もある。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中