2019年 10月 15日 (火)

安倍首相は「生まれてきてはいけない存在」 韓国野党議員のトンデモ暴論に批判

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   安倍晋三首相と朴槿恵大統領は「生まれてきてはいけない」存在だった――こんな暴論を韓国の野党議員が吐き、問題となっている。

   発言したのは、韓国・民主党の洪翼杓院内報道官だ。朝鮮日報や聯合ニュースなどの記事によれば、洪氏は2013年7月11日、記者会見の中で、安倍首相の祖父・岸信介元首相と朴大統領の父・朴正熙元大統領を取り上げた書籍に言及した。

安倍首相と朴大統領はよく似ている?

「生まれてきてはいけなかった」暴言を韓国議員から浴びせられた安倍首相
「生まれてきてはいけなかった」暴言を韓国議員から浴びせられた安倍首相

   この書籍『岸信介と朴正熙』では、戦前・戦中に満州にいた岸元首相と朴元大統領について、「鬼胎」との言葉で形容していたという。洪氏はこれに触れ、

「あの本には『鬼胎』という表現がある。生まれてくるべきでない人が生まれたという意味だ。当時、日本帝国主義が建国した満州国というかいらい国家に、鬼胎の朴正煕と岸信介がいた」

と解説した。さらにその「(生まれてきてはいけない)鬼胎の子孫」である安倍首相と朴大統領が現在日韓の首脳になり、そろって祖父・父の時代に「逆戻り」しようとしているとして、2人を岸元首相と朴元大統領と同一視する形であげつらった。

   この発言は相手の「生まれ」を否定する人格攻撃だとして、たちまち批判が広がった。与党・セヌリ党は12日の国会日程をストップ、検察などへの告発も示唆するなど、韓国政界は大混乱だ。洪氏も「大統領に対する個人攻撃と受け取られたなら遺憾だ」と釈明する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中