2019年 3月 21日 (木)

細野幹事長「ツイッターで」辞意表明 大手マスコミ赤っ恥、それって有り?

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「敗軍の将」細野豪志・民主党幹事長の辞意表明――そんな「おいしいニュース」を、テレビ局・新聞はまんまと取り損ねた。細野幹事長が2013年7月22日夜、どこよりも先にツイッターで辞表の提出を明らかにしてしまったからだ。新聞などは「ツイッターで明らかにした」と書くほかなかった。

   これに限らず、最近は政治家たちがマスコミなどを飛び越えて、ツイッターやフェイスブックなどで重要な発言をすることが多い。

安倍首相「勝利宣言」も民放よりFBが早い

辞職が明らかになった細野豪志幹事長(7月3日撮影)
辞職が明らかになった細野豪志幹事長(7月3日撮影)
「今、NHKが私の当選確実を打ちました。応援頂いた皆様ありがとうございました!」
「皆さんのおかげで、当確いただきました。ほんまにありがとう!」
「多くの有権者の皆さまにご支持をいただいて参議院選挙の勝利を得ることができました。本当にありがとうございます」

   21日夜、参院選の開票が始まるや否や、ツイッターやフェイスブックでは当確を決めた候補者たちが、続々と喜びの声を上げた。

   かつてなら、こうしたコメントはテレビの中継がやってくるか、翌日の新聞に載るまで表には出ないものだった。しかし今や、「当確」が打たれるのとほぼ同タイミングで、政治家たちは自ら情報を発信できるように。

   安倍晋三首相も午後9時47分、フェイスブックで、

「参議院選挙、17日間を通じて、国民の皆様の大きな期待を肌で感じました。『この道をブレずに進んで行け』との皆様の声をしっかりと受け止め、我々に課せられた責任をしっかりと果たしていけるよう、これからも全力で前に進んでいきます」

と「勝利宣言」を出したが、これはテレビでの開票後第一声(NHK、9時45分)とほぼ同着だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中