2019年 4月 24日 (水)

GLAY・TERU「子連れでは投票所入れない」 同様の報告続々、「なぜだめなのか」の声

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   「投票行ってきました。小学生は、一緒に会場に入れないと言われました。外で待たせて下さいと言われました…。一人で待たせるの不安ですよね?」

   人気ロックバンド・GLAYのボーカルTERUさん(42)がツイッターでこんな疑問を投げかけ、議論を呼んでいる。

夏野剛「これはつまり子連れは投票するなってことか?」

   TERUさんがツイートしたのは、第23回参議院議員選挙の投開票のおこなわれた2013年7月21日だ。この日、投票所への子ども連れでの入場を断られた人は多かったらしく「うちの7歳娘も入れなかった」など、同様の報告が相次いだ。なかでも夏野剛・慶應大特別招聘教授はこう怒りを爆発させた。

   「昨日家族揃って投票所へ行ったら9歳と5歳の子どもは中に入らないでくれと言われた。仕方なく外で待たせたけれど、子どもから目を離せということか。もしもうちょっと小さい子だったら間違いなく投票しないで帰っただろう。 これはつまり子連れは投票するなってことか?」

   「小学生以上の年齢のお子様の投票所への入場はご遠慮ください」――ツイートを裏書するように、東京の杉並区選挙管理委員会が配布した選挙公報にはこんな断りがされていた。

   一方、仙台や神戸、埼玉県川口市など全国各地からは「子連れでも投票できた」とするツイートも確認できる。なかには「うちの投票所(子どもの通う小学校)はついてくると子供に風船くれます。みんなそうだと思ってました。場内はジブリアニメの曲がずっとかかってます。子どもが入れないところもあるのですね・・・」「私の投票所の小学校ではキッズは風船とか、文房具のちょっとしたのがもらえますよ♪」といった子連れに配慮した対応の報告も。

   どうやら、子連れで投票できるかは地域や投票所によって異なるらしい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中