2019年 12月 14日 (土)

「スキルがアイドル人気につながるとは限らない」 ももち発言でハロヲタ議論ぼっ発

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「ももち」の愛称でおなじみの、ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「Berryz工房」メンバー・嗣永(つぐなが)桃子さん(21)が「アイドルのあり方」について語った内容が、ハロプロファンの間で静かな話題を呼んでいる。

   嗣永さんのデビュー当時の発言と正反対のことを言っているとして「ももちが変わってしまった…」と嘆く声がある一方、「正論だ」と認める意見も出ている。

「バラエティー能力を深追いしてる方が嫌だ」厳しい意見も

   話題になっているのは、2013年6月22日に発売された嗣永さんのフォトエッセイ本「ももちのきもち」だ。

   7月21日付の朝日新聞朝刊の読書面でこの本がおすすめされていたが、以下のように紹介されていた。

「『許してニャン』でおなじみの『ももち』。『ハイヒールを体の一部にするべし』などの『アイドル心得』では、『歌やダンスの実力が人気につながるとは限りません』『あまり上手じゃない方が応援される』として『スキルの深追いはやめるべし』と説く」

   この紹介文を読んだハロプロファンは、インターネット上に「出来ない事にする為の言い訳にしか聞こえない。たとえ人気に繋がらなくてもプロならスキルアップは必要なんじゃないかと思う」「スキルを深追いしてない歌とダンスを金払った客の前で見せるんですね」「俺はバラエティー能力を深追いしてるアイドルの方が嫌だな」など、反対意見を書き込んだ。ファンはハロプロのアイドルについて「歌もダンスもアイドルの中ではかなりレベルが高い」ことを誇りに思っている人が多く、嗣永さんの発言に反感を持つ人も少なくないようだ。

   嗣永さんは02年のデビュー当時、「歌で人の気持ちを明るくできるようになりたい。きっと人生にくじけてる人が、いっぱいいると思うから」と言っていたが、これがファンの間で「名言」「伝説」として語り継がれている。それが歌やダンスを軽視しているようにも取れる発言をしたとして、「どうしてこうなった」「悲しいな 芸能界に染まった桃子とか見たくなかった」という悲痛な声も見られた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中