2019年 9月 23日 (月)

上沼恵美子「生活笑百科」降板 28年半の「相談員」生活に幕

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   上沼恵美子さん(58)がレギュラー番組「バラエティー生活笑百科」(NHK総合)を降板することが、2013年9月10日わかった。共演する「オール阪神・巨人」のオール巨人さん(61)がブログで明かし、番組を制作するNHK大阪放送局もJ-CASTニュースに対して降板の事実を認めた。

   番組は身近な法律トラブルを漫才で取り上げ、上沼さんら「相談員」が面白く解決策を出し、最終的に弁護士の見解を聞くというもの。「相談室長」(司会)を務める笑福亭仁鶴さんの口上「四角い仁鶴がまぁ~るくおさめまっせぇ」から始まる「土曜昼の顔」といえる番組で、上沼さんは1985年4月の放送開始から28年半にわたり出演してきた。

オール巨人「第1回から出演しているのは僕らだけに」

   巨人さんはブログで「生活笑百科」の収録を9日に行ったと明かし、両手に花束を持つ上沼さんの写真を載せた。放送開始時から「相談室長」が板東英二さん、西川きよしさん、仁鶴さんへと代わっていったことを振り返り、

「今回残念ですか、上沼恵美子さんが、笑百科を辞められるので、結局第一回から出演してるのは僕らだけに成ってしまいました」(原文ママ)

と残念がっている。上沼さんは「相談員」で、巨人さんは漫才を披露する立場だったため、

「いつも相談漫才をしている時、上沼さんは、笑って貰いたいポイントで必ず笑ってくれはるので、本当にめっちゃ救われました」

というが、直後に7日に亡くなった腹話術師・川上のぼるさんの通夜へ行かなくてはならなかったため、思いを伝えられなかったと悔やんでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中