2019年 7月 24日 (水)

「がん闘病ツイート」が死後に大反響 野球部女子マネジャーが野球への想いつづる

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   病室からツイッターで高校野球への想いをぶつけ続けた女子マネジャーのツイートが、反響を広げている。病状は一進一退を繰り返したが、2013年10月17日に帰らぬ人になった。生前に関係者に対するお礼の言葉をツイッターに保存しており、それを死後に姉がツイート。1000回近くリツイート(転送)されている。

   野球への想いを伝えたいと、高校野球専門誌への寄稿も決まっていた。原稿が完成することはなかったが、何らかの形でマネジャーの足あとが誌面に紹介される見通しだ。

治療やめれば「来年の春迎えられない」

   ツイートの主は、名古屋市内にある高校野球部の女子マネジャー、伊藤絢(いとう・あや)さん。悪性リンパ腫と診断され、入院して4か月が経った2013年8月にアカウントが開設された。最初は夏の高校野球の応援ツイートが多かったが、次第に野球への想いを募らせるようになる。

「何か泣けてきた。野球の事も恋愛の事も何か切なくなってきて涙が止まらん。私の未来はあるよね?もう、今の私嫌だよー。グランド行きたい。泥だらけのユニホームを着てる姿が見たい。野球大好きや。夢と白球を追いかける姿好きや!」(8月28日)

   9月23日には、さい帯血移植を受けることを決断し、その約1週間後には移植を受けた。

「治療せんくて今の時間大切にするのもひとつの選択肢やって言われたけど、もしそうなったら来年の春は迎えれんって言われた。私のなかではそんな考えないけどね。頑張って治すだけ!ガンには負けん!グラウンド戻る!」

   だが、病状は一進一退。9月28日と10月14日の2度にわたって意識がなくなり、姉が、

「どうか、皆さんのパワーを妹に送ってあげてください」

と代理でツイートをする場面もあった。

   本人によるツイートも、

「私ね、完治は難しいって言われた。きっとグラウンドにも戻れないと思う」(10月15日)
「足の指の爪が全部はがれた。。移植の拒絶反応らしい。さっそく看護師さんが手慣れた様子でガーゼ保護してくれた!」(10月16日)

といった厳しい内容が続いた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中