2021年 4月 11日 (日)

エヴァ声優の宮村優子「引退」はデマ? 「最近声がおかしい」と騒がれる

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   エヴァ・アスカ役で知られる声優の宮村優子さん(40)が近く引退するとの出所不明の情報がツイッターなどで出回り、騒ぎになっている。「最近声がおかしい」との指摘も確かに出ているが、デマの可能性がある。

   引退情報がツイッターで出回ったのは、2013年10月21日ごろからだ。

「引退を発表」ツイートを削除

デマだった?
デマだった?
 「【悲報】エヴァで惣流・アスカ・ラングレーを演じた宮村優子さんが今シーズンで引退を発表」

   こんなつぶやきで始まり、「エヴァンゲリオン新劇場版シリーズの最終章であるシンエヴァンゲリオン劇場版の公開も延期、もしくは中止となる模様」とある。「バセドウ病を患っており、それにより声にも影響が出てしまったらしい」というのだ。

   この情報は、かなりの数がリツイートされて、ネット上で、大きな話題になった。

   宮村さんは、確かに第1子出産後にバセドウ病になったと2007年にブログなどで公表している。しかし、ブログやツイッターには、引退するといった発表はこれまでに出していない。宮村さんと業務提携しているジャパンアクションエンタープライズに取材すると、スタッフは担当者からそういった話は特に聞いていないとした。ツイートは、どうやらデマの可能性があるようだ。

   情報を流したツイート主の1人は、無料通話・メールアプリ「ライン」のタイムラインで友だちから回ってきたものであることを明らかにした。そして、「信憑性は薄いかもしれません」として、ツイートを削除している。真相はよく分からないが、2ちゃんねるのまとめブログの1つが、宮村さんについて「今シーズン限りで引退へ」と根拠のないタイトルを付けていたため、それをもとにラインなどで情報が流れたのではないかとみられている。

   とはいえ、宮村さんについては、「最近声がおかしい」と話題にはなっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中