2020年 8月 9日 (日)

バブル以来の軽スポーツカー戦争 ホンダとダイハツが市販へ

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   軽自動車のスポーツカーが2014年、ホンダとダイハツから相次ぎデビューしそうだ。東京ビッグサイトで11月23日に開幕する「第43回東京モーターショー」にホンダが「S660コンセプト」、ダイハツが新型「コペン」を参考出品することになった。いずれも市販されるのは確実で、軽自動車市場はバブル末期以来のスポーツカーウォーズとなるのは間違いない。

   「ホンダS660」というネーミングを聞いて、ピンとくるファンは多いだろう。1960年代にホンダが本格的な4輪メーカーを目指して放った渾身のスポーツカーが「ホンダS600」。

   創業者・本田宗一郎氏の理想を追求したSシリーズは、S500、S600、S800と発展した。以来、スポーツカーを意味する「S」と排気量を示す数字の組み合わせは、ホンダの本格オープンスポーツカーの称号となった。近年では「S2000」が記憶に新しい。

S660はNSXと同じミッドシップを採用か

参考出品される「S660コンセプト」(画像は、ホンダのリリースより)
参考出品される「S660コンセプト」(画像は、ホンダのリリースより)

   ホンダは今回のモーターショーに本格的なミッドシップスポーツカー「NSXコンセプト」も出品する。こちらは往年のNSXの復活で、今回は高効率・高出力のハイブリッドAWD(4輪駆動)に生まれ変わる。NSXがポルシェやフェラーリと肩を並べるスーパースポーツカーなのに対して、Sシリーズは若者でも手が届くライトウェイトスポーツカーであるのが特徴だ。ボディーはオープンの2シーターで、スポーツカーの基本である後輪駆動。

   今回のホンダS660コンセプトも、この基本に忠実だ。ホンダは詳細を発表していないが、エンジンをリアシート後方にマウントするミッドシップレイアウトを採用するのは間違いない。排気量は660ccと軽の枠内に収まるものの、NSXと同じミッドシップであるところが、理想主義のホンダらしい。ホンダは「ダイナミックな先進のスタイリング、ドライバーの空間を徹底的に追求したスーパーコックピットインテリアなど斬新な試みを随所に施した次世代軽オープンスポーツモデルだ」と説明している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中