2018年 7月 22日 (日)

朴槿恵大統領、安重根記念碑は「順調」 菅官房長官「犯罪者」と不快感

印刷

   伊藤博文を暗殺した安重根(1879~1910)の記念碑建造計画をめぐり、韓国の朴槿恵大統領は2013年11月18日、訪韓した中国の楊潔チ国務委員に対し、計画が順調に進んでいることへの謝意を表明、歴史問題に対する中韓の緊密をアピールした。記念碑は6月に北京で習近平国家主席と首脳会談した際に朴大統領が提案したもので、暗殺現場となった中国・ハルビンに建造予定。安重根は韓国では「義士」と称されている。

   一方、菅義偉官房長官は19日の会見で、安重根は「犯罪者」との立場を韓国政府に伝えてきているとし、建造計画は「日韓関係のためにならない」と不快感をにじませた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中