2019年 12月 13日 (金)

宮崎駿、戦国時代を描いたマンガを披露 「映画化決定!」「引退は撤回」と盛り上がる

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   映画監督を引退した宮崎駿さん(72)がテレビのドキュメンタリー番組に出演し、自分のアトリエでマンガを描いている姿が映し出された。

   ネットではこのマンガが読みたいという声の一方で、絵コンテをさらに緻密に描いた画を見て、「やっぱり引退はウソ」「映画化するに決まっている」といった声が上がった。

   実は、スタジオジブリのアニメ映画のもう一人の巨匠、高畑勲監督(78)が2013年11月7日に行った新作アニメ映画「かぐや姫の物語」(11月23日公開)の完成報告会見で、宮崎さんについて「引退を撤回する可能性があるし、もしそうなっても全然驚かない」などと語り周りを驚かせていた。

アイディアや表現方法など、「出てくる蛇口が細くなってしまった」

   宮崎さんは2013年9月6日に都内のホテルで引退記者会見を開き、「これまで何度も引退すると言ってきたが今回ばかりは本当だ」と記者に話した。引退後は何をするのかは決めていない、などと語っていたが、引退発表についても「どうせすぐにカムバックするはず」と考える人が多かった。それは宮崎さんが大好きな映画製作から離れられるはずがない、という理由からだ。

   宮崎さんは2013年11月18日放送のNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演した。「風立ちぬ」制作から引退宣言するまで、「なぜ愛してやまないアニメーションから離れたのか」と題したドキュメンタリーだ。

   放送では、引退を決意したのは「老い」だと強調した。集中して仕事に向かえる時間が短くなってしまったことと、アイディアや表現方法など、「出てくる蛇口が細くなってしまった」ため、満足のいく作品が出来上がるるかどうか分からない恐怖があった、などと説明した。出世作「風の谷のナウシカ」(1984年劇場公開)が完成したときも、全てを出し尽くしたため引退するつもりだった。番組では「面倒くさい!」とつぶやくシーンが何度も出た。そんなに面倒くさいなら辞めればいい、と言われるが、

「大事なことは面倒くさい。面倒くさくないところにいれば、面倒くさいが羨ましい」

と語った。つまり、面倒くさいことをしているのは幸せなことであり、「風の谷のナウシカ」以降も監督を続けてきたのはそうした思いがあったからだと語った。

   そして番組最後のシーンが流れると、見る人をハッとさせ、「また引退はウソだった」などと思わせることになってしまった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中