桜田淳子が一夜限りの「デビュー40周年イベント」で舞台

印刷

   世界基督教統一神霊協会(統一教会)の合同結婚式に参加し騒動になって以降、芸能界から離れていた元アイドルで歌手の桜田淳子(55)が2013年11月26日に一夜限りのデビュー40周年を記念したファンイベントを東京・銀座の「博品館劇場」で開いた。ファン約380人がかけつけた。桜田がファンの前でステージに立つのは1993年3月公開の映画「お引越し」の舞台あいさつ以来で約21年ぶり。

   桜田はステージで「追いかけてヨコハマ」などのヒット曲を披露し、「花の中三トリオ」と呼ばれた山口百恵、森昌子との思い出話も語った。今後の芸能活動については白紙だが、統一教会の霊感商法の被害者たちは、現在も統一教会の広告塔である桜田の表舞台への登場について批判を強めている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中