在コンゴ日本大使館火災、外務省職員を放火容疑で逮捕

印刷

   アフリカのコンゴ民主共和国の首都、キンシャサにある日本大使館が半焼した火災で、警視庁は2013年12月2日、大使館に3等書記官として勤務していた外務省職員の山田真也容疑者(30)を現住建造物等放火容疑で逮捕し、発表した。山田容疑者は、現地時間の6月20日19時30分頃、キンシャサの民間オフィスビルの3、4階に入居している日本大使館にガソリンをまいて放火し、4階部分を半焼させた疑いが持たれている。在外公館には現地警察当局の管轄権が及ばないため、日本の警視庁が捜査を進めていた。

   大使館周辺の防犯カメラに山田容疑者と似た男性の姿が映っていたという。火災では経理に関係する書類が燃えており、山田容疑者は着服を隠す目的で放火した可能性があるとみて調べを進める。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中