オルフェーヴル「ラストラン」で圧勝 有馬記念

印刷

   2013年最後のG1レースとなる第58回有馬記念が12月22日、中山競馬場(千葉県)で開催され、単勝1番人気のオルフェーヴルが2位以下を大きく引き離して圧勝した。

   この日を最後に引退するオルフェーヴルは前半、後方からのレース展開となったが終わってみれば圧倒的な強さを見せつけた。1990年のオグリキャップ、2006年のディープインパクトとともに、ラストランとなる有馬記念を制した。騎乗した池添謙一騎手はレース後、ファンの前に戻ってくると馬上から何度もガッツポーズを繰り返し、オルフェーヴルを称えていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中