2021年 8月 3日 (火)

【J-CASTが見た2013年】第3回
毎度お騒がせ「脱原発・直訴男」山本太郎 良くも悪しくも読者が「食いついた」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「お騒がせ政治家」ランキング――なるものが仮にあったとすれば、2013年のMVPは山本太郎参院議員で揺るがないだろう。特に10月の園遊会での「直訴」騒動は、良くも悪くも私たちを「あっ」と言わせた。

   これに限らず、離婚&隠し子報道や特定秘密保護法をめぐる攻防など、メディアに何度となくその顔と「十円ハゲ」をさらしてきた山本議員。ネットでは常に、他の国内の政治、政治家がらみのニュースを圧倒する「人気」だった。中でもJ-CAST読者が「食いついた」のはいったいどの話題だろうか。

自衛隊「人殺し」発言も波紋を呼んだ

2013年、世間からの大注目を集めた山本太郎参院議員。さて、来年はどうなる?(12月撮影)
2013年、世間からの大注目を集めた山本太郎参院議員。さて、来年はどうなる?(12月撮影)

   J-CASTニュースの山本議員に関する記事でアクセスが特に多かったのは、以下の3つだ。

1位:山本太郎議員「国会議員に出す弁当はベクレてる」 西日本、九州、海外から食材「お取り寄せ」(10月25日)
2位:山本太郎陣営、公選法違反の疑い次々 前日の20時以降ビラ配り、当日にネット中継(7月22日)
3位:「人を殺したくて自衛隊になってる人もいるんですかね」 山本太郎スタッフが災害派遣の隊員見た後にポツリ、非難轟々(10月29日)

   直訴そのものの記事ではなく、その直前に起こった「問題発言」や選挙運動をめぐる騒ぎが上位を占めた。これらの話題は大手マスコミではあまり触れられなかったものの、ネットではかなり話題となっており、こうした盛り上がりが園遊会での一件で「爆発」した感もある。

   3位の「人を殺したくて……」発言は、山本議員本人ではなく、そのスタッフによるものだ。10月28日、台風26号で被災した伊豆大島にボランティアへ赴いた山本議員一行だったが、救助に当たる自衛隊員の様子を見たスタッフの1人が、

「人を殺したいって言って自衛隊になってる人もいるんですかね」「何でユニフォーム変えないんですかね?災害派遣なのにミリタリーで」

などと口にした。その様子が動画配信サービス「ツイキャス(TwitCasting)」で生中継されていたため、ネットからのバッシングに発展したのだ。

   この件について山本事務所は「動画の一部会話部分だけを抜き取り、本来の趣旨と反する形で山本の考えとして流布」された、とウェブサイトで抗議している。一方、ネット上では山本議員本人が別の機会に「(自衛隊は)人殺しの訓練するよりもそっち(災害救助)する方が先」と言及していたことが蒸し返されるなど、騒ぎはしばらく尾を引いた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中