韓国外相が訪米 外相会談で靖国問題提起へ

印刷

   韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)2014年1月5日、米韓外相会談に臨むため米国に向けて出発した。韓国メディアによると、尹外相は出発前に報道陣に対して

「最近の日本の様々な動きが、韓日関係の発展や北東アジアの協力関係への大きな障害物になっている」

と述べ、安倍晋三首相の靖国神社参拝について議論したい考え。会談では、張成沢(チャン・ソンテク)氏処刑後の北朝鮮情勢についても協議する見通し。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中