2020年 6月 1日 (月)

「誰かを貶しめても自分の人生は変わらない」 為末大「正論発言」にまたまたネットで批判

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   男子400mハードルで世界陸上2大会連続の銅メダルを獲得する快挙を成し遂げ、現在はスポーツコメンテーターとして活躍する為末大さん(35)の発言が、またまたネット上で批判を浴びることになってしまった。

   今回問題となっているのは「他人の浮き沈みに一喜一憂し誰かをけなしても、自分の人生は何も変わっていない」という発言。為末さんは13年10月に「努力すれば成功する、は間違っている」などとつぶやいたことで批判が殺到し、ツイッターが「炎上」した。

自分のプライドを防衛する為に羨ましい人を攻撃する

貶しても変わらない?(13年10月撮影)
貶しても変わらない?(13年10月撮影)

   為末さんの寄稿文は2014年1月15日にWEBメディア「Japan In-Depth(ジャパン・インデプス)」に掲載された。「こじれてしまった自尊心の扱い方」というタイトルで、他者にいらだち攻撃的だったりしたとき、自分の過去を振り返えると、その多くは競技の成績が悪く、自尊心が満たされてない場合だった、と書かれている。自分のプライドを防衛する為に、羨ましい人を攻撃する場合もある。

「他人の浮き沈みに一喜一憂し、誰かをけなす事で憂さを晴らす。でも、朝起きてみれば自分の人生は何も変わっていない」

   嫉妬心から出る行動はわかる人には筒抜けで、自分の至らなさを認めて全部晒すことができればいいが、そこまでの勇気がないため誤魔化しながら生きていくことになる。そして、自分の人生よりも他人の人生の方が気になる生き方になってしまう、などと書いている。

   ネットでは、批判ばかりを書き込んで「炎上」させている一部のネット民に「クリティカルヒットしている」などと話題になった。さらに、為末さんのツイッターが「炎上」したことに対する仕返しの文章なのではないか、などいった憶測も生まれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中