2019年 12月 9日 (月)

「モンスタークレーマー増えすぎ」の声 キリンの缶チューハイCM中止問題

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   キリンビールはテレビ放送中のカエルのキャラクターを使った缶チューハイ「本搾り」のCMやキャンペーンを2014年1月24日で中止、終了すると公式ホームページ上で発表した。アルコール問題を扱う団体から、未成年者の関心を引き飲酒に誘導しかねない、などといった指摘を受けたからだという。

   カエルの着ぐるみが問題だったようなのだが、ネットではこのカエルは子供受けするキャラとは全く思えないのにCMを中止するなんて「モンスタークレーマー増えすぎ」などと異論が出ている。

   また、大人気ゆるキャラがお酒のキャラとして発売されていることを指摘し、「くまモンやバリィさんは大丈夫か?」といったファンの心配が出ている。

未成年にアピールするキャラやタレントを起用はダメ

キャンペーンは締め切り早める(画像はキリン「本搾り」サイト)
キャンペーンは締め切り早める(画像はキリン「本搾り」サイト)

   キリンが中止するのは14年1月17日から放送している、俳優の大沢たかおさんとカエルの着ぐるみが掛け合いを行うCM。タキシードを着た偉そうなカエルが「大事なことはひっくりカエルこと。一度ひっくり返ればわかるよ、タ・カ・オ」と「本搾り」をPRしている。このカエルの不遜な態度に少しイラッとする視聴者もいる。キリンは24日に公式ホームページで、「カエルのキャラクターを使用した表現方法が、アルコールを取り扱う会社として不適切であるというご指摘を頂戴しました。そのご指摘を真摯に受け止め、1月25日より広告出稿を中止することといたしました」。CMは当初26日まで放送しその後続編を流す予定だった。そしてカエルを演じている声優を当てるキャンペーンへの応募も30日から24日までに切り上げて締め切ることにした。

   今回のCMや広告のなにがダメだったのか。酒類の広告審査委員会や日本洋酒酒造組合、東京小売酒販組合といった業界団体に問い合わせてみたところ、未成年にアピールするキャラクターやタレントは起用してはいけない、という自主規制に抵触する可能性があったのでは、と説明した。ただし、キリンの「本搾り」のCMがそれに当てはまる、といった噂や意見は一切聞いたことがなかったと担当者は口を揃えた。ある担当者は、

「そのキャラクターが未成年者にアピールするものであるかどうかは、判断がとても難しいです」

と語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中