2019年 7月 22日 (月)

ソチ五輪、メダル逃した韓国選手に「死んでくれ」 国内ネットユーザーから罵詈雑言の嵐

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   「いっそ死んでくれ」――。ソチ冬季五輪・ショートトラック男子5000メートルリレーで、金メダルの有力候補だった韓国チームがメダルを逃したことで、韓国内から激しいバッシングを浴びせられている。

   大韓体育会は2014年2月14日のツイッターで、「いま選手たちに最も必要なのは激励と応援です」とコメント。火消しに躍起だ。

「そのまま黒海で飛び降り自殺しろ」

   2014年2月13日に行われたショートトラック男子5000メートルリレーで、韓国チームは、残り数周のところでイ・ホソク選手が米国選手と接触し転倒。決勝に進めずメダルへの機会を逃した。

   これに韓国のネットユーザーなどが大激怒。「金メダルを取らせるために税金を払っているのに転倒するとは。いっそ死んでくれ」「帰国せずそのまま黒海で飛び降り自殺しろ」などと、イ選手への罵倒が飛び交った。

   イ選手は前回のバンクーバー五輪のショートトラック男子1000メートルの銀メダリストだ。中国メディアの騰訊体育(2月15日付)は、「五輪選手でも失敗すれば『いっそ死ね!』と言われる」と報じた。ネットユーザーらの「怒り」はあまりに激しい。

   さすがに「死んでくれ」は行き過ぎとも思えるが、転倒したイ選手を、チームメイトで後輩のシン・ダウン選手がかばったことが、火に油を注いでしまった。

   中央日報日本語版(2月15日付)によると、シン選手が書いた手紙を、大韓体育会はツイッターに掲載。「ホソク先輩はノ・ジンギュ先輩のケガで突然オリンピックに出場することになりました。十分に準備できていない状況でも、リレーのメダルをとるために、私たちの兵役免除のために苦労されました」と訴え、「決勝に進出できず最も悔しいのは私たちなのに、なぜ皆さんが悪口を言うのでしょうか。どうか叱咤はやめてください」と伝えた。

   この「兵役免除のために」が、よくなかった。オリンピックへの参加目的が「兵役免除」ではないかとの憶測が広がり、「怒り」の矛先がシン選手にも向けられた。

   これに対してシン選手は2月16日、自らのフェイスブックで「ぼくの本当の意図を理解してもらえず、兵役免除という言葉にばかり反応しているようで残念だ」としたうえで、「兵役免除を目的に運動しようとは1回も考えたことはない」と、訴えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中