大学生「読書時間ゼロ」初の4割超え 本を買わず、電車内でスマホいじるばかり

印刷

   学生の読書時間の減少が浮き彫りとなった。全国大学生活協同組合連合会の調査で、全く本を読まない学生が初めて4割を超えたのだ。

   電子書籍を含んだ読書時間でも、近年は減り続けている。米国のトップレベルの大学では在学中に500冊近くの本を読むといい、大きな差が見られる。

大学へ向かう電車内「学生はみんなスマホのぞいている」

読書時間は1日30分に満たない
読書時間は1日30分に満たない

   2014年2月26日に公表された「第49回学生生活実態調査」の概要報告によると、調査に協力した全国の国公立、私立大の学部学生8930人の1日の読書時間は平均26.9分で、同じ方法で調査している2004年以降最も短くなった。読書時間ゼロの学生は40.5%に達したという。

   過去10年を見ると、男子学生は2010年が最も長く平均35.9分だったが、直近の調査では29.2分に減っている。女子学生の場合、2004年の31.6分からほぼ一貫して下がり続け、2013年では24.3分にまで落ち込んだ。1か月間に書籍に費やされる金額も、直近では2004年比で自宅生が490円、下宿生は830円それぞれ少なくなっている。紙版、電子版を問わず本を買わなくなったわけだ。

   「本を全く読まない学生が4割」の報道に、国際ジャーナリストで明治大学国際日本学部教授の蟹瀬誠一氏はツイッターで「驚きです。大学でも米国と比べると本を読ませません」と投稿。医療ジャーナリストの伊藤隼也氏も「大学生は何してるの?スマホ三昧?」と不思議がった。これに対して「だってバイト三昧で勉強時間ないから仕方ない」との反論も見られた。

   都内の私立大学教員に聞いた。個々の学生がプライベートの時間にどれほど本を読んでいるかは分からないという。ただ、朝一番の授業で大学へ向かう電車内で大勢の学生を見かけるが、「読書している学生は少なく、みんなスマートフォン(スマホ)の画面をのぞいている印象が強い」そうだ。

   全国大学生活協同組合連合会に電話取材すると、読書時間が減っている原因は明確なデータの裏付けが現時点でされていないものの、学生から聞いた話として、電車での通学時間中にかつては本を開いていたが、近年はスマホがこれに取って代わった点を上げた。ウェブサイトを閲覧したり、交流サイトやゲームに興じたりして時間を過ごす学生が増えたわけだ。

   学生の読書量の少なさに警鐘を鳴らす識者もいる。「東洋経済オンライン」編集長の佐々木紀彦氏は、米スタンフォード大学へ留学した経験がある。2011年刊行の著書「米国製エリートは本当にすごいのか?」では、米大学での読書事情を踏まえて「日米の学生の差を生んでいるのは、インプット量、読書量の差なのです」と指摘している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中