2020年 3月 29日 (日)

氷川きよしと元マネージャーどっちが悪い? 文春vs東スポ、「暴力」「恐喝」と報道が分かれる

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   演歌歌手の氷川きよしさん(36)が20代の元マネージャー男性に暴力などを働いていたと週刊文春が書いた。一方、東京スポーツはきよしさんが恐喝されていたと報じており、報道内容が食い違っている。

   「演歌界プリンス『裏の顔』」。週刊文春は2014年5月1日発売号で、5ページにもわたる特集を組んだ。

文春は元マネージャー側、東スポはきよしさん側に立つ

   その記事によると、元マネージャー男性は、氷川きよしさん所属事務所に13年10月に入社した。翌14年1月からきよしさんの担当になったが、きよしさんは、男性の仕事ぶりに度々難癖をつけた。

   3月に入ると、タバコを投げつけたり、ペットボトルの水を頭からかけたりした。鹿児島県を訪れた11日には、きよしさんは楽屋で、男性の顔を右手で3回も平手打ちした。20日は、飛行機内で30センチほどの金属製つぼ押し棒で首を3回殴るまでになり、男性は、上司の部長に担当替えを直訴した。これに対し、部長からは「手を出すことは良くない」とメールがあったといい、その文面画像が記事に載っている。

   しかし、それでも暴力は止まなかった。4月3日には、岡山県内のホテル内で男性の後頭部をカバンで2回殴り、さらにブーツで左足を蹴った。この暴力で、男性は、脛から出血したといい、事務所を退職することも決めたとした。ネット上の文春サイトでは、このときだという録音音声が有料で公開されている。

   このほか、きよしさんは、同性愛の質問を何度もするセクハラ行為をしたという。また、自ら信じる宗教に勧誘し、断ると罵倒したそうだ。

   男性は、ストレスから4月20日に職場を離れ、「うつ状態」で服薬治療をしているとしている。

   一方、東スポは、文春報道3日前の4月28日、逆にきよしさんがこの男性から数億円を恐喝されていたと1面トップで大きく報じた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中