ドイツ、ブラジルに7-1で大勝 W杯決勝へ駒を進める

印刷

   サッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会は2014年7月8日(日本時間9日)にブラジル対ドイツの準決勝が行われ、ドイツが7-1でブラジルに快勝し、決勝進出を決めた。

   開催国ブラジルはエースであるFWネイマール選手の骨折に加え、主将のDFチアゴ・シウバ選手の出場停止と、チームの中心2人を欠いて試合に臨んだ。先制点はドイツで、前半11分にFWミュラー選手がコーナーキックから決めた。その後もドイツが立て続けにゴールを奪い、5-0と大きくリードして前半を終えた。後半では途中出場のFWシュルレ選手が2得点をあげ、ブラジルのMFオスカル選手が45分に1点を返すも、結果は7-1とドイツの圧勝だった。

   ドイツの決勝進出は2002年の日韓大会以来3大会ぶり。13日(日本時間14日)の決勝戦では、9日(日本時間10日)に行われるオランダ対アルゼンチンの勝者と対戦する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中