2018年 10月 15日 (月)

冷凍シシャモにネズミ駆除剤 ベトナム輸入品を自主回収

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   厚生労働省と山口県生活衛生課は2014年7月23日、伊村産業(長門市)がベトナムから輸入した冷凍シシャモに殺鼠剤(ネズミを駆除する薬剤)や汚物と疑われる異物が混入したと発表した。現在までに健康被害はなく、同一ロット品の自主回収を行っている。

   シシャモは5月29日などに、RICH BEAUTY FOOD(リッチ・ビューティー・フード)社から輸入。小売店が開梱時に異物を見つけた。殺鼠剤の成分として考えられる「塩化ダイファシノン」は、血液を固まりにくくする作用を持ち、摂取すると喀血や、体内出血による頭痛・吐き気・腹痛などの症状が現れる危険がある。

   該当商品に張られたラベルは、表面が「冷風乾燥で干し上げました 樺太 子持ちししゃも 旨」で、裏には「名称 子持ちからふとししゃも」「原材料名 からふとししゃも(アイスランド産),食塩」「原産国名 ベトナム」「保存方法 要冷蔵10℃以下」と書かれている。実物写真は厚労省県のサイトから見られる。

ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...