2018年 7月 18日 (水)

エボラ開発中治療薬で「回復の兆候」 リベリア医師ら3人

印刷

   西アフリカ・リベリアのブラウン情報相は2014年8月19日、開発中のエボラ出血熱の治療薬を投与されたリベリア人医師ら3人に「目覚ましい回復の兆候」があると明らかにした。ロイター通信が伝えた。

   医師らに投与されたのは米製薬会社が開発中の治療薬「ZMapp」。世界保健機関(WHO)は12日、未承認の治療薬を感染者に投与することを条件付きで容認したが、投与された患者が回復の兆候を示したのは今回が初めて。

   WHOの発表によると、エボラ出血熱の死者は感染の疑いがある例も含めて16日までに計1229人に達した。感染者流入を防ぐため、ケニアやカメルーンは感染者が出ている国からの渡航者の入国禁止を決めたと報じられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中