橋本聖子会長「甚だ軽率であったと反省」 「キス」騒動でコメント発表

印刷

   フィギュアスケートの高橋大輔選手にキスを強要したと報じられた問題で、日本スケート連盟会長の橋本聖子参院議員が2014年8月23日、お詫びの談話をファクスで発表した。

   橋本氏は「私の行動は甚だ軽率であったと深く反省しております。このたび頂戴したご批判、お叱りを真摯に受け止め、行動を慎んでまいる所存です」と謝罪した。

   ソチ五輪で選手団の団長を務めた橋本氏は、打ち上げの席で高橋選手に抱きついてキスをする写真が「週刊文春」(8月20日、首都圏など発売)に報じられた。橋本氏は同日、事務所を通じて「キスを強制した事実はない」と否定。高橋選手も21日、アイスショーの公開リハーサル後の会見で「セクハラ、パワハラとは思っていない」と話していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中